サイト名

このサイトは、夫婦で登った山のGPS記録で綴る登山日記です。

トップ > 日記メニュー > 霧島山(韓国岳)

2019.09.25(水)
霧島山(韓国岳) きりしまやま(1700.1m)

宮崎県と鹿児島県の県境に位置する霧島山は最高峰の韓国岳や、2017年に噴火し今なお噴煙をあげている新燃岳、高千穂峰など20あまりの火山で形成された複合火山です。新燃岳の噴火以前はそれらの山を結ぶ縦走路もあったようですが、現在は入山規制が多くあり残念です。

羽田~鹿児島空港~レンタカーでえびの高原駐車場。
えびのスカイラインは「硫黄山火山活動のため」駐車場の前で通行止めになっています。

えびの高原駐車場
案内板
駐車場付近から通行止
韓国岳登山口
前方に韓国岳
硫黄山

霧島火山群で最も新しい硫黄岳も、警戒レベルが上がり火口周辺の入山が規制されています。

前方に登山届けのポストあり
霧島アカマツの緑が目を引く
樹林帯を進む
ツクシコウモリソウ(筑紫蝙蝠草)
噴煙をあげる硫黄山
キリシマアザミ(霧島薊)

三合目を過ぎると、眼下にえびの高原が臨めるようになります。

三合目
眼下にえびの高原駐車場
五合目
えびの高原
硫黄山と不動池
韓国岳へ

周りの景色を楽しみながら高度を上げていきます。

六合目
七合目より白鳥山
稜線より大浪池
稜線より栗野岳と白鳥山
低木の登山道を進む
八合目

左に大きな爆裂火口跡、右に大浪池を見ながら山頂へ。キリシマツツジが多く、花の頃はピンクの回廊になるのでしょう。

前方に韓国岳山頂
ダイモンジソウ(大文字草)
九合目
キリシマツツジの登山道
稜線より新燃岳
赤茶けたガレ場を進む

大浪池からの登山道と合流すると山頂はすぐです。

大浪池からの登山者も多い
山頂分岐点
もう直ぐ山頂
霧島山(韓国岳)
爆裂火口跡
火口跡を覗く

韓国岳のパノラマ画像(左から獅子戸岳、新燃岳、烏帽子岳、大浪池)

山頂で会ったご夫婦が、噴火する前の新燃岳によく登っていたとのこと「山頂部にエメラルドグリーンの美しい火口湖があったのに、その水が干上がり噴火が起きた」と残念そうに話してくれました。

山頂より新燃岳と高千穂峰(奥)
山頂より爆裂火口上部と白鳥山

同じルートを下山します。

キリシマツツジの間を下る
眼下に白鳥山と硫黄山
下山時の韓国岳
2019.09.25
  • メンバー
    夫婦

アーカイブス

ページのトップへ戻る